怒璃瑠 OFFICAL WEBSITE

Start content

怒璃瑠とは?

日本全土にマジ卍旋風を巻き起こす?!
と言われているi-Q JAPANスタッフ兼、ウルトラマルチクリエイターの怒璃瑠(ドリル)。
怒璃瑠に秘められたその類稀なる才能は、幼少より顕著に現れ学問やスポーツ、はたまたアーティスティックな舞台でも遺憾なく発揮されてきた。
彼の伝説的才能の一つを簡単に説明するとしよう。それはまず音楽だ。彼がまだ生後6ヶ月の頃、母がよく聴いていて何気なく耳に馴染んだショパンの「ワルツ 第1番 変ホ長調『華麗なる大円舞曲』」を弾き始めたそうだ。しかも誰に習うことなくオモチャのピアノで・・・(母親談)

衝撃のデビューに向けて

怒璃瑠(ドリル)は今、衝撃の世界デビューへ向けて活動の幅を広げている。そう、彼は今年、元人気アイドルグループとしても活躍していた腕利きプロデューサーの目に留まり、楽曲&MV制作を控えているのだ。今回のプロジェクトに携わる制作メンバーには『日本レコード大賞(TBS系)』で受賞歴のある作曲家、現在人気レゲエシンガーとして活動中●●●の弟を起用し、十分に怒璃瑠(ドリル)の才能を活かす体制が整っている。さらに現段階ではもう一人、一般のサポートメンバーを募集するための"全国オーディション"を開催するとの情報が明かされている。詳細は追って公開するとしよう。もちろん、この文章を読んだキミにも彼と一緒に楽曲に参加できるチャンスはある。時が来るまでオーディションの詳細を待て。最後に怒璃瑠(ドリル)は今回のデビューについて、こうコメントを残した。「待っとけや、ジャスティンビーバー」。

ファッキングラビッツ『マジ卍』MVに出演

セクシー女優やYouTuber、モデル活動にDJなど様々な分野で活躍する4人組ユニット・ファッキングラビッツの『マジ卍』MVに怒璃瑠は出演している。撮影当日はサイト取材のため同行していたのだが、取材途中なぜか怒璃瑠は、ストリートダンス『Lockin』を踊り始めた。それを見たリーダーのあいかりんから直々にオファーが来たそうだ

詳細を見る

舞台挨拶では他メディアを抑え、舞台上へ

話題の俳優・健太郎や山田裕貴らが出演する、映画『デメキン』の舞台挨拶では、原作者であるバッドボーイズ佐田から直々に声がかかり舞台上へと登壇。もちろん怒璃瑠たった一人だけだ。舞台上では彼にしか撮れない特別な一枚を撮影し、会場に集まっていた女性らに笑いをもたらした

詳細を見る

原点にて頂点?常識を超えた華麗なる変身

幼少期からオシャレヘアだった期間が長い怒璃瑠(ドリル)は「パンチパーマに変えてから、オレには世界が見えんねん」と話す。常人には何のことか分からないが、見た目でいうとその違いは一目瞭然だ。世の中のグローバル化が進み、超情報社会となった今、流行りというものは一瞬で過ぎ去る。常に最先端をゆく彼は「時代とは全部逆やねん、オレ」と答えた。この超人的思考を理解できるだろうか?

詳細を見る

怒璃瑠は必ずビールを4秒以内に飲む!

怒璃琉ロッポンギ豪遊伝説開幕

怒璃琉ロッポンギ豪遊伝説開幕!
その他編集部員が社内で協議した結果「平成のご時世に昭和の”輩”が街を歩いていたらさすがに警察も無視はできないハズ。これは確実に職質されるだろう」とムチャクチャな企画を検証してみることになった。今回彼に練り歩いてもらう場所は、東京都港区・麻布十番商店街。オシャレで落ち着いた街並みがあり、まさにこの格好が一番似合わない場所といっていいだろう。クックックックッ……。さて、彼は一体どうなるのだろうか?

  1. 常にモテ期

    女にモテる。それが生きがい

  2. アーティスト時代

    ワンマンライブも経験した

  3. 青年時代

    バンドリーダーだった頃

  4. 学生時代

    才能は既に開花していた

  5. 少年時代
  6. 幼少時代
  7. ダンサー時代
  8. 怒璃琉が麻布十番で焼き鳥にかぶりつく

怒璃瑠の最新情報を見逃すな

  1. 今日は銀座で飲んでいます。
  2. 最新MV特集

常にモテ期

女にモテる。それが生きがい

詳細を見る

学生時代

才能は既に開花していた

詳細を見る

青年時代

バンドリーダーだった頃

詳細を見る
PAGE TOP